「釣り道具とは」

釣りを趣味で始めている人や職業として始めている人というのは様々だと思います。その釣りには釣り道具が必要です。釣り道具というのはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

今回は釣り道具について紹介していきたいと思います。

まず初めに、釣りを始めるためには釣り道具は欠かせないものですよね。しかし、どんなものが必要なのかなどというのはわからないと思います。釣り道具の中で最低限必要なものを紹介していきたいと思います。

まず釣りには竿とリールが必要ということくらいは釣りを知らない人でもわかることだと思います。リールというのは糸を巻く糸巻きのことを言います。この竿とリールに加えて、鈎とか糸とかオモリ、ウキなど、魚を釣るのに必要な小物を組み合わせたものを全体で仕掛け(tackle)と呼んでいます。仕掛けは全体で仕掛けだと言いましたが、一般的に会話で使われる場合というのは、道糸に取り付けられるハリスやウキなどの小物を指すことが多いと言われています。

仕掛けの種類というのはとても多くの数があり、魚の種類以上あると言ってもおかしくないそうです。こうした仕掛けを様々な場所や魚によって工夫するのも釣りをするときの楽しみでもあると思います。

さきほども言った通り、釣り道具はとても種類が多いです。ですが、釣りを知らない人やしたことの無い人でも知っている名前は多いです。

その中で、リールというのは聞いたことはありますか?リールというのは、釣り糸をクルクル巻き取っていく道具です。このリールにもとても多くの種類がある道具で、初心者にも使いやすいリールもとても多くありますので、初めて釣りをする人にもとても扱いやすい道具です。

 

このように、釣り道具には多くの種類があり、皆さんが知っているようなものから名前も聞かないようなものまで様々なものがあります。もしも、少しでも釣りに興味が持てたなら、釣り道具を集めてみるのもいいかと思います。